土間は続くよ、 どこまでも。

王丸屋のトゥールとかとおるんとかとみちんとかそんな人生。

津屋崎千軒ミステリー FILE2「のぞく恐竜」

 

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

 

 

 

 

5秒ほど心に余裕がある人はこのボタンポチッとしてください。よろしくお願いします。王丸屋が検索に引っかかりやすくなるとかならないとか。

にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津屋崎千軒ミステリー FILE 2 「のぞく恐竜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら。

 

 

f:id:pietoro1211:20181121040645j:image

 

 

 

厳密にいうと恐竜ではないのだが、ここでは恐竜とする。

 

 

津屋崎千軒の中の保育園の駐車場にあるひときわ存在感のあるコイツ。

 

 

いつも道路を見て笑っている。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181121042119j:image

 

結構でかい。

 

 

 

 

 

横から見るとこんな感じ。

 

f:id:pietoro1211:20181121042145j:image

 

 

遊具だったのだろう。

 

そこまで朽ちているような様子はない。

 

 

 

 

 

 

 

路地裏(スアイ)から見るとこんな感じ。

 


f:id:pietoro1211:20181121040648j:image

 

どうだろう。見ているのはこっちのはずなのにこの圧倒的見られている感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大の謎は、この恐竜、

 

この保育園に2匹いるということである。

 

なんと保育園の園庭に普通にもう1匹いるのである。

 

 

一体なにをしでかしてコイツだけが駐車場に追いやられていたのか、そしてなにを思い道路を見つめているのか。

 

 

少し漂う哀愁には、深い深い理由があるのかもしれない。

 

謎は深まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが10000年後とかに発掘されて、偉い学者さん達に「これは当時の人達の暮らしの手がかりとなる。おそらくこの生き物がこの時代には沢山いたに違いない。」とされないことを願うばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

津屋崎千軒ミステリー FILE2「のぞく恐竜」

 

f:id:pietoro1211:20181121042205j:image

 

 

山と竹と若者の話

 

 

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ
にほんブログ村

 

 

f:id:pietoro1211:20181120131853j:image

 

 

 

 

 

国によって国名の呼び方違うってよく考えたらすごいよね。

日本自身が俺の名は“ニッポン”だっつってんのに、“JAPAN”。どの国もだいたいそんな感じ。

 

「こんにちは、僕の名前はトオルです。」

 

「へー、そうなんだ。じゃあメガネって呼ぶね。

 

くらいの勢い。

 

これ許せるならもはやどんな国際問題も許し合えるんじゃないかと思う、どうも世界のみんなの縁側 王丸屋のメガネです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日紹介した渡半島に大峰山という山があります。

 

 

f:id:pietoro1211:20181120133153j:image

(by google map)

 

 

 

 

 

今日はその山と竹と若者の話。

 

 

 

 

 

今、九州工業大学のゼミと津屋崎で共同でしているプロジェクトがありまして、ぼくも王丸屋として少し関わらせてもらってます。

 

 

その名も「ふくつ大峰山森づくりプロジェクト」。

 

f:id:pietoro1211:20181120132542j:image

 

 

 

 

 

ざっくりいうと、「大峰山が竹だらけになっててマズイ。どげんかせんといかん作戦」です。(個人の見解です。)

 

 

 

まあある程度の管理された竹林なら綺麗なんですけど、

 

山の中の田なども使われなくなって久しい放置竹林なので、もう文字通り竹のようにぐんぐん伸びて、どんどん高く育ち、日光を遮り、山の中は暗くなり、他の植物も育ちにくいし、

 

まあよく倒れて歩きにくいし、せまいし、

 

根を地面に横向きに這わせていくので、一気に地滑りを起こす可能性もある。

 

 

山の8割が竹になったらその山は終わり〜的な話もあるそうです。

 

 

 

ちょっとぼくが適当に話すと間違いもある気がしてきたので、こっからはチラシから、、

 

里山って?

f:id:pietoro1211:20181120132517j:image

 

里山やばいの?
f:id:pietoro1211:20181120132513j:image

 

◆なにしたらよいの?
f:id:pietoro1211:20181120132520j:image

 

 

目の前の竹を切るだけならまた生えてくるので、このプロジェクトは持続可能でないといけないことに重きを置いてます。

 

里山を使うことを当たり前に津屋崎に根付かせるところまでが大事。

 

世代を超える長ーいプロジェクトですよ。

 

 

 

 

竹を切って使う流れができたら、山も広くなって遊び場も作れるかもしれないし、てかそれ自体が遊びにもなる。

 

人が入る山になれば楽しみも広がりますなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月の今回はとにかく倒れてたりナナメになってる竹を切りました。

 

f:id:pietoro1211:20181120120452j:image

 

 

九州工業大学の大学生を中心に、小学生、中学生、大人と地元の人が自分の意思で参加してました。


f:id:pietoro1211:20181120120144j:image

 

 

いろいろな世代が混ざる津屋崎でも、大学生って少なくて(てかいない?)、またこの方たちが津屋崎に遊びに来てくれて、新しい風が吹いてもいます。

 

 

 

 

 

小学生以下ももちろん戦力です。

3歳児も働いてました。


f:id:pietoro1211:20181120120137j:image   

 

 

ノコギリ片手に竹山を好き勝手進む様子は今の教育現場では難しい経験ですね。

 

f:id:pietoro1211:20181120120154j:image

 

こんな経験を小さい頃から当たり前にしていくことも、このプロジェクトにとって大事なことと思います。


f:id:pietoro1211:20181120120134j:image

 

 

 

もちろん遊んだりもしながら。


f:id:pietoro1211:20181120120148j:image

竹ドラム。

 

 

 

 

これから、竹を炭にしてみたり、里山でしいたけを作ったり挑戦してみて、売れるような仕組みを作って持続していく取り組みになっていきます。

 

 

 

年齢は問いませぬ

 

これ、ちょっと興味あるなあ、一回やってみようかなって方おられましたら、下記の大学生の長谷川くんに連絡するか、王丸屋に言ってくれたら次回の集合とか教えられますんで、お気軽にどーぞ。

 

f:id:pietoro1211:20181120134334j:image

 

 

本が読めない病気の治し方【急募】

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく

 

「この中に子どものカエルはいるでしょうか?」

 

「ブブー!カエルの子どもはオタマジャクシです。」的ななぞなぞがあるが、

 

そもそもカエルに大人という概念はあるのだろうか。成人式でもするのだろうか。

子どもなカエルがいてもいいじゃない。

 

どうも、いつ大人になれるかな?【みんなの縁側 王丸屋】とおるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181119215634j:image

 

 

本が読めません。

 

 

 

いや、厳密にいうと読めるんだけど、マジで進まない。

漫画は読めるのに。

 

 

 

前にテレビで林修先生が「勉強せんでも別に責めないけど、俺は本を読まない奴は嫌い」って言われてショックでした。

 

 

いや俺だって読みたくないわけではないし、むしろ物語とかは大好きだし、知識欲は結構多い方なんで読みたい。

 

 

 

でも読めない!

 

 

 

 

 

 

人生で読めた本、ハリーポッターズッコケ三人組、あとちょっと。

 

 

 

 

読みたいなぁと思って図書館で面白そう!これなら読めそう!と思ったものを借りるも、まあそのまましばらく家で預かって、温めて王丸屋の匂いをつけて返すという作業をするだけ。

 

 

 

 

なぜ読まないか分析すると、

 

 

 

 

1.めんどくさい

 

絵を想像するのがのがめんどくさい。

一生懸命読まないと分かんないので、力がいるのが読め始めるのはめんどくさい。

なんか言い回しが長いのとかが、聴くにはいいけど自分で読むのはめんどくさい。

 

めんどくさい人が読む本という本を買って、読むまで4年かかった。

 

 

 

 

2.記憶力がない

 

視覚(ビジュアル)と聴覚優位な記憶力なので、文字での記憶力が乏しい。

 

今読んでる(目に入ってる)「単語」は読んでるのだが、1行前の文章を忘れている。

 

文字の上を点でなぞっている感じ。伝わるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたら良いのだろうか。

 

読みたい。  

 

読まなかった人は、どうしたら読めるようになりましたか?

 

どなたか教えてくだせえ。

「彼方へ」なのか「彼方に」なのかいつも分からなくなる【土間つづ映画祭】

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野良犬、見なくなったね。

どうも野良コミュニティスペースみんなの縁側 王丸屋トオルです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はみなさんお久しぶりの、とおるが興奮しながら無理やり好きな映画を紹介するのコーナー

【土間つづ映画祭】のお時間です!

 

 

 

 

 

 

ぼくが映画好きなのは周知の事実かと思いますが、映画好きにも結構ありまして、邦画好きとか洋画好きとかミニシネマ好きとかホラー好きとか、、、

 

 

 

ぼくは結構満遍なく、洋画邦画アニメ広く浅くその時見たいと思ったものを見まくる派です。

 

 

 

でもあえていうならの好きなジャンルは、

 

 

 

 

 

ちょっとファンタジーサスペンス

 

 

 

 

 

 

サスペンスは、もうそのまんまサスペンスです。

ホラーとはまた違うハラハラドキドキの事件起こる系。

パッと思い浮かぶのは「クリムゾンリバー」とか「羊たちの沈黙」とか「ソウ」の第1作とか「ゴーン・ガール」とか「天使と悪魔」とか。

もちろん日本のも好き。

 

 

 

 

 

ちょっとファンタジーは、勝手に僕が定義してるだけのものですが、なんか一つファンタジー含む系のやつです。

 

例えばどんどん魔法が出てくる「ハリーポッター」や宇宙を戦いまくる「スターウォーズ」のようなゴリゴリファンタジーよりは、

 

時空間を移動するたった一台の車型のタイムマシンが引き起こすドタバタ劇の「バックトゥーザ・フューチャー」。

 

少年たちがある日、宇宙人を見つけてそこから冒険が始まる「E.T.」や「スーパー8」。

 

そんな感じで、

 

日常の中に突如現れた非日常的なストーリーが割と好きな映画に多いです。それがちょっとファンタジー

ちょファンタジー

 

 

 

 

 

その中でも特にタイムパラドックスものは大好物で、

 

過去にあれをああしたせいで現在と未来が、、的なやつは結構無条件でワクワクします。

 

 

月並みですがバックトゥーザ・フューチャーは一番好きな映画シリーズ。「バタフライエフェクト」「メメント」。コメディなら「サマータイムマシンブルース」とかツボ過ぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、本題ですよ。

 

 

 

今日紹介する映画は、

 

 

 

 

知ってる人も多いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181118153233j:image

 

 

オーロラの彼方へ(2000)

 

 

 

これちょっとSFでタイムパラドックスで、感動で、そしてまさかの、、まあ後で言います。

 

 

 

かつて中学生くらいだった僕が深夜に偶然テレビであってて、引き込まれて、前のめりになって見入った映画です。

 

 

 

ーーーー簡単にあらすじ紹介【重要なネタバレなし】ーーー

 

 

 

主人公は刑事をやってる若者のジョン。

 

ジョンは今、数十年ぶりに復活した連続看護師殺人事件「ナイチンゲール殺人事件」を追っている。

 

少年の頃、消防士の父フランクを火事での事故で亡くしていて、一人暮らしから戻ってきた自宅では母親が暮らしている。

 

 

 

 

 

ある時、ニューヨークにオーロラが現れるという異常気象が発生。

 

 

 

そんな時偶然昔父親がやっていたアマチュア無線機を発見。

 

 

 

懐かしくていじってみることに。

 

f:id:pietoro1211:20181118153551j:image

 

 

すると、ある男性とつながった。

 

 

 

その人と会話しているとなんか引っかかっることがたくさん、、、

 

 

そう、この人は

 

 

 

なんと30年前の父親だった!(&母親&自分自身)



f:id:pietoro1211:20181118153240j:image

 

 

 

 

 

 

ジョンもビックリ。

f:id:pietoro1211:20181118153509j:image

 

 

 

 

 

30年ぶりに再会(声だけのタイムトラベル)した親子。

 

 

(多分)オーロラが起こしてくれた奇跡に感謝しながら、自分が息子であることを伝えるジョン。

 

 

しかしそんなSF信じないフランク。

 

だんだんとジョンを変なストーカーじゃないかと、勘違いし不信感を持ち出す。

 

 

 

ーその時、ふとジョンの頭に思い浮かぶ父親フランクの友人消防士のセリフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの火事の時、フランクが違う方向に進んでいれば助かったに違いないー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30年前の事故はまだ起きていない。

 

 

今ならまだ間に合う。

 

 

ジョンは無線機で父親に「今度の火事で迷ったら、違う方向に逃げるんだ!」的なことを指示する。

 

 

それでも信じないフランクは怒って無線機を切ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、未来の息子のジョンが言った通りの場所で火事が起こり、フランクは迷った末、ジョンの言った通り、行こうと思った方と違う方向に進み、なんと無事生還する!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺は助かったぞ!!」

 

 

死ぬはずだった火事を乗り越え、2人は再び無線機で喜びを分かち合う。

 

 

現在でも父親は火事では死なず、長生きして病気で亡くなった事実に変わり、父親との思い出も更新された。

 

 

わかり合えた2人は30年間の父親と息子の失われた時間を少しずつ会話で埋めていく

 

 

このオーロラの奇跡が2人の人生を大きく変えることが出来たのだった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この時はジョンはまだ気づいてなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のどこを探しても、

 

 

 

 

看護師をしていた母親の姿がないということに。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の感動の父親と息子のストーリーから、急にくる突然のサスペンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

父親が助かったことによる、未来のズレ。

 

タイムパラドックス

 

それを直すために、母を救うために父と子が過去と未来で協力して走り回るこの後の展開がノンストップでもうハラハラドキドキでたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介してたら、また観たくなってきたよ。(何回目?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「オーロラの彼方へ」。

結構どこのレンタル屋に行っても置いてないことが多かったので、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕、何年か前に買っちゃいました。

 

 

f:id:pietoro1211:20181118164647j:image

 

f:id:pietoro1211:20181118164651j:image

 

 

 

もちろん映画やその他物語なんてみんな好みが違うので、誰もがオーロラの彼方へ」最高!って思うわけはないとは分かっていますが、僕は観て損はない映画だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、いつでもお貸しするので観たくなったら王丸屋にどうぞ。

 

 

 

yahoo!は魔法の言葉。

 

ボードゲームは進化している

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ
にほんブログ村

 

 

 

王丸屋には月に一度、ボードゲーム大会があります!

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181117184703j:image

 

 

 

EGGという福岡のボードゲームの集まりに属してる田中紅白さんがたっっくさんのボードゲームを持ってきてくれて、楽しめます!

 

 


f:id:pietoro1211:20181117184659j:image

 

 

 

例えば、、、

 

 

 

 

 

 

 

一発勝負の駆け引きバトル。

 

コヨーテ!


f:id:pietoro1211:20181117184716j:image

 

 

 

 

 

すぐ引っ越す多動ヒーローゲーム。

 

キャプテン・リノ!


f:id:pietoro1211:20181117184706j:image

 

 

 

 

 

 

 

体の書く場所にたまごを挟んで落とすな!

 

ダンシングエッグ!


f:id:pietoro1211:20181117184713j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

眠れ、ギリギリまでチキンレース

 

ヤムヤム!

 

f:id:pietoro1211:20181117190629j:image

 

 

 

 

 

 

 

よく分かりません!

ラミィキューブ

 

f:id:pietoro1211:20181117184850j:image

 

 

 

 

 

 

絵で伝えろ。考えろ。

 

テレストレーション!

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181117191629j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20181117191644j:image

 

 

 

僕の描いたお題「アジフライ」。

 

f:id:pietoro1211:20181117194708j:image 

f:id:pietoro1211:20181117194740j:image

 

 

これをみんなに一人一人回します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194718j:image

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194729j:image

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194747j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194721j:image

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194736j:image

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194733j:image

 

 

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181117194743j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のアジフライがビルになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に盛り上がるパーティータイム!

 

ボードゲームクラブ!

 

だいたい月に一回くらい開いてますので、大人も子どもも奮ってご参加ください!!!

 

贅沢とは買うものではない。見つけ、生み出すものだ。

 

 

f:id:pietoro1211:20181116163327j:image

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ
にほんブログ村

 

 

 

大人時間。

 

 

 

それは自然と一つになる時間。

 

 

 

 

 

 

 

その日男たち2人は、とある山に来た。

 

 


f:id:pietoro1211:20181116163356j:image

 

 

 

森の中で静かに時間を過ごす。

 

 

 

 

 

そんな贅沢な大人時間を楽しむためだ。

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181116163423j:image

 

 

 

もちろん火は専門家の指導のもと安全に起こしている。

 

 

自然な対する敬意やマナーも大人の嗜みだ。

 



f:id:pietoro1211:20181116163419j:image

 

 

 

 

風と木々の音しかしないこの空間で、ただただお湯が沸くのを待つ。

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181116163426j:image

 

 

 

 

こんな贅沢な時間が他にあるだろうか。

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181116163352j:image

 

 

 

ちゅんちゅん。

 

 

 

コポコポ。コポコポ。

 

 

 

 

 

沸いたお湯が2人を呼んでいる。

 

 

 

 

そんな音を楽しむ余裕もある。

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181116163324j:image

 

 

 

 

さあ、

 

 

 

 

 

 

お湯が沸いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、こんな山の奥でお湯を沸かす理由は一つだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UFOを食べよう!!!

 


f:id:pietoro1211:20181116163341j:image

 

 

お湯を入れて待つこと3分!!(ちょっと油断すると美味しくなくなるよ!気をつけよう!)


f:id:pietoro1211:20181116163345j:image

 

ジェット湯ぎりして、、!!


f:id:pietoro1211:20181116163406j:image

 

ソース入れて、、!!!


f:id:pietoro1211:20181116163416j:image

 

 


f:id:pietoro1211:20181116163348j:image

 

出来た!!!

 

 

 

 

 

 

いただきまーーーーーーす!!


f:id:pietoro1211:20181116163334j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は紅茶を飲んで一息。

 

 

山の奥でわざわざ紅茶飲まんでも、、、と思いながらもとりあえず飲む。

 


f:id:pietoro1211:20181116163413j:image

 

 

我々の贅沢な時間はこうしていつも過ぎていくのであった…。

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

まるでそこはジブリの世界

 

 

f:id:pietoro1211:20181115181227j:image

 

 

 

 

【みんなの縁側 王丸屋】はコチラ

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋  

【民泊 王丸屋】はコチラから

ohmaru-ya | 民泊王丸屋

【ツヤツヤ津屋崎(YouTuber)】はこちら

https://www.youtube.com/user/PIETORO21

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ
にほんブログ村

 

 

 

microSDってオワコンだと思ってました。

どうも【みんなの縁側 王丸屋】のコタツにいつもいるトオルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉好きですか?

 

 

僕はまあ温泉の効能とかどうとかはあまり気にしない人なんですが、足が伸ばせるお風呂は大好きです。

 

 

 

王丸屋からは幸い徒歩圏内に「夕陽館」というなんともまあありがたい大浴場が海沿いにあるのですが、たまには露天風呂が恋しくなる。

 

 

 

 

そんな時に友人たちといつもいくのが、

 

 

宮若、若宮?宮若?若宮?若宮若宮若宮若宮宮若。

 

 

 

 

 

お隣の宮若市にある脇田温泉です。

 

王丸屋からだいたい車で30分かからないくらいで着きます。

 

 

雰囲気めちゃ良いのに安くてそんなに遠くないのが魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬季は夜は22時半までやってるので、21時前ころに出ても余裕でゆっくり入れます。

 

 

 

 

 

ただ夜の山道はビビるほど暗いですのでご注意を。


f:id:pietoro1211:20181115181200j:image

 

 

さらには冬季はシカ🦌がマジでめっちゃ出るので遭遇率99パー)飛び出しにご注意を。

宮ワカンサファリ。

 

 

たまに冗談抜きでシシガミ様みたいなのと目が合う。

 

 

 

 

 

 

 

脇田温泉は温泉街の名前で、いろいろな宿と温泉があります。

 

なかでも楠水閣(ナンスイカク)はカッコいい。


f:id:pietoro1211:20181115181213j:image

 

 

 

いつもぼくらは「湯の禅」という温泉に入るのですが、敢えて湯の禅の駐車場に車を停めず、楠水閣前の駐車場に停め、楠水閣に入りその裏道から「湯の禅」までわざわざ歩く道のりをオススメします。

 

 

 

なぜかというとその道がまあ雰囲気めちゃもうダバダバ良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:pietoro1211:20181115181144j:image

 

 


f:id:pietoro1211:20181115181157j:image

 

 


f:id:pietoro1211:20181115181230j:image

 

 


f:id:pietoro1211:20181115181210j:image

 

 

 

 

ね。

 

 

 

もうこれを見るのもある意味一つの楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な階段を登ると、、


f:id:pietoro1211:20181115181216j:image

 

 

 

 

昔の学校のような雰囲気の建物の中に、、、


f:id:pietoro1211:20181115181151j:image

 

 

 

 

湯乃禅の里の入り口があります。


f:id:pietoro1211:20181115181222j:image

 

 

 

大人850円ですが、一度会員になるといつも650円で入れます。

(安いチケットやるとさらに安くなります!)

 

 

気のいい面白いおじちゃんが受け付けてくれます。

ヒルな小ボケをかましてきてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはお風呂の中なので捕まりたくないので、ネットの写真を。

 

 

湯の禅の里は露天風呂です。

 

サウナもあります!

 

f:id:pietoro1211:20181115191855j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20181115191950j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん断然オススメはです!

 

f:id:pietoro1211:20181115192010j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20181115192019j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男湯と女湯の内装が違っていて、どちらも素晴らしいです。

 

 

毎週水曜だけ男湯と女湯がチェンジします。

 

この日を狙うといつもと違う露天風呂に入ることができます。

 

 

かなり空間ごと癒しのスペースで、本当にお財布にも優しいので、ぜひこの冬行ってみてください。

 

 

 

湯の禅の里のホームページはこちら↓

福岡県脇田温泉|湯めぐりの宿 楠水閣|公式|限定特典・最低価格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は行きも出会いましたが、帰りも出会いましたので、この時期行かれる際には本当に気をつけてください。ゆっくり運転しましょう。

🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🎅🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌


f:id:pietoro1211:20181115181219j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D.犬鳴って何。

犬鳴峠もDの遺志を継ぐの?

f:id:pietoro1211:20181115181203j:image