土間は続くよ、 どこまでも。

トミーとかトゥールとかとおるんとかとみちんとかそんな人生。

ちょっと福岡行ってきましたをやってみました。【後編】

〜前回までのあらすじ〜

 

 

第4目的地の「大刀洗町は、うきは市のすぐ近くだった。やった。すぐに着く。

 

f:id:pietoro1211:20180506165119j:image

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

初の近い目的地ということで、テンション下がらず進む一向。

 

 

残すミッションは“ご当地グルメ”か“フォトジェニック ”。

 

思いとしては、次の大刀洗町ご当地グルメをやっておきたい!

 

フォトジェニック は、暗くなっても夜景かなんかで行けるんじゃないかと、踏んだ結果である。

 

 

f:id:pietoro1211:20180506165221j:image

 

 

 

 

 

 

しかし1つだけ懸念事項が、、

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180507202254j:image

 

 

 

 

 

 

現在時刻は16時50分頃。

 

 

 

ご当地的なものが何でもありそうな道の駅などの施設は大体17時には閉まってしまうのがセオリー。

 

 

 

果たして、ご当地グルメ的なものが売っているお店はあるのだろうか、、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180507202747j:image

 

 

そうこう考えている間に、大刀洗町到着!近い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか気持ちの良い風景のある町【大刀洗町

 

f:id:pietoro1211:20180507213139j:image

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180507213149j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず役場に到着

 

f:id:pietoro1211:20180507213127j:image

 

 

この時点で17時は越えている。

 

f:id:pietoro1211:20180509183506j:image

 

 

 

とにかくいろいろググってみることに。

 

 

地元のうどん屋などいろいろありましたが、お腹のコンディションを考えて、地元の酒蔵のお酒をターゲットにしてみた。

 

f:id:pietoro1211:20180509183617j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし!

 

 

 

お酒なら、、!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーだ!

 

f:id:pietoro1211:20180509184614j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、青くて綺麗で(安い)“筑後川”という日本酒を購入!

 

 

 

筑後川」を作っている酒蔵が近くにあるということなので、もう本日は閉店しているが、せめてご当地感を出すためにそこで記念撮影することに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あった。

筑後川」を作っている飛龍酒造さん。

 

f:id:pietoro1211:20180510113906j:image

 

 

 

 

もちろん閉まってるし、駐車場も見当たらなかったので、考えた末に裏から撮影。

 

せめてもの証拠に、酒蔵の名前の書いてある軽トラも入れて。

 

f:id:pietoro1211:20180510114035j:image

 

 

 

 

ご当地グルメ】クリア!

f:id:pietoro1211:20180510114048j:image

 

 

 

 

 

ありがとう飛龍酒造さん。

 

ありがとう大刀洗町

 

ありがとうAコープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

残す目的地はあと1つ

 

残り時間は2時間弱

 

ゴールは福岡市

 

 

 

現在地は大刀洗町

 

f:id:pietoro1211:20180510114605j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

狙うはもちろん福岡市近辺!

 

 

ここで、北九州や行橋を出すわけにはいかない

 

ほぼ確実にゴールできない。

 

 

 

 

 

 

では行きます。

f:id:pietoro1211:20180510114230p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルルルルルルルルルルルルル

f:id:pietoro1211:20180510114749p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダン!

f:id:pietoro1211:20180510114834p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510114826p:image

 

お、、

 

 

〜府市

 

 

 

これってもしかして、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510115019p:image

 

 

太宰府市

 

 

 

 

 

 

 キターーーー。

f:id:pietoro1211:20180510121025p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太宰府市福岡市のすぐ近く、且つ、完全に帰り道の途中

 

 

f:id:pietoro1211:20180510121046j:image

 

 

 

 

そして何より、あの有名な太宰府天満宮が、、、フォトジェニック  !!

 

f:id:pietoro1211:20180510121608p:image

[この写真は太宰府天満宮ホームページより]

 

 

 

ラストミッションにもぴったり。

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後で素晴らしい引きの強さ。

 

 

今思えば、もし途中で福津市出てなかったら、簡単で、つまらない旅になっていたであろう。

 

散々文句を言ったが、総じて考えると福津市を引いたのも間違いではなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、ラスト1つ。

最終目的地、太宰府市に向けて出発だ。

 

 

f:id:pietoro1211:20180510121742j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510121936j:image

 

 

 

 

 

途中、本日最後の鳥栖ジャンクションに別れを告げ(4回目)、渋滞もそんなになくスムーズに進む。間に合いそうだ。

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510121921j:image

 

 

 

 

 

せっかくなので、夕方から合流出来ると言っていたメンバーとも合流。

 

 

 

ムシャモグしながら待って、

f:id:pietoro1211:20180510141323j:image

 

 

 

 

 

一応合流もフォトジェニックに。

 

f:id:pietoro1211:20180510141342j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、改めて出発。

 

最終目的地はやはり太宰府天満宮にしましょう

 

 

 

 

 

 

🚙=

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太宰府天満宮の目の前、太宰府駅に到着。

f:id:pietoro1211:20180510141518j:image

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510141550j:image

 

 

 

さぁ、ここからだ。

 

お店は全部閉まっているが、少しでもフォトジェニック な写真を撮るのだ。

 

フォトジェニック 、フォトジェニック …。

 

 

 

しかし、ここに来て問題が1つ産まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやフォトジェニック って、何?

 

 

 

 

 

 

 

フォトジェニック(photogenic)とは「写真映えする」という意味を持ち、「 写真」を意味する(photo)と「~に適した」を意味する(-genic)を掛け合わせた言葉です。SNSにおいて写真や動画を共有することが当たり前になった現代においては、SNSにおいて「いいね」や「コメント 」を数多く貰うことが期待できるもののことを指し、2017年の流行語大賞となった「インスタ映え」と同義語としても扱われます。なお、日本では主に「景色」や「飲食物」に対して使われますが、海外では端正な顔立ちや筋肉質なカラダなど、写真写りの良い「人」に対して使われることがほとんどで、異なる意味を持つことが特徴です。

「Insta lab」ホームページより引用

https://find-model.jp/insta-lab/photogenic_trend/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、つまり、フォトジェニック は自分らで決まるわけではなく、周りの人がイイねと思えばフォトジェニック なのだな。

 

だったら、それっポイやつを撮りまくろう。

 

 

そう決めた。

 

 

以下、フォトジェニック候補を載せるので1つでもフォトジェニックだなと思ったら教えていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142231j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142246j:image

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142305j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142321j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142338j:image

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142354j:image

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142602j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142419j:image

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142441j:image

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142459j:image

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142522j:image

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180510142537j:image

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

いかがだっただろうか。

 

 

とりあえず1枚だけでもフォトジェニックはクリア出来たであろうか。

 

 

 

心の中で言っていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

ということで、

 

f:id:pietoro1211:20180510142659j:image

 

フォトジェニッククリアーーーーー!

 

 

 

 

全ミッションクリアーー!!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、残り時間は30分ほどでした。

 

セーフ。

 

 

 

 

この旅の総移動距離は約240㎞。

 

f:id:pietoro1211:20180510145036p:image

 

 

だいたい鹿児島に行くのと同じくらい。

f:id:pietoro1211:20180510145122p:image

 

 

 

鹿児島に行けばよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで打ち上げ。

 

 

子どもの頃に聞いた「打ち上げが出来ない奴はライブをやるな」という130Rのホンコンさんの言葉を胸に、打ち上げが出来ないやつはイベントをやるな精神で福岡市で打ち上げ。

 

 

f:id:pietoro1211:20180510145254j:image

 

 

みんなの力を合わせて全クリが出来た。

 

ありがとう福岡。ありがとう「ちょっと福岡行って来た」さん。

 

f:id:pietoro1211:20180510145457j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時の僕たちは、福岡にはあと55カ所の市町村が残っているという事を忘れていたのだった…。

 

 

続く。(機会があれば)

 

 

  •  

 

 

 

 

 

 

ちょっと福岡行ってきましたをやってみました【中編】

〜前回までの続き〜

 

広川町で引いた「福津市」の紙に絶望しながら福津市に向かう一向でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

広川町から福津市はこの動き。

 

f:id:pietoro1211:20180501230506j:image

 

 

今回の移動距離は約60km。

 

f:id:pietoro1211:20180501230717j:image

 

 

 

 

 

しかし基山サービスエリアで

 

f:id:pietoro1211:20180501230406j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180501230418j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180501230439j:image

 

少し腹を満たしたら機嫌戻った一向。

 

 

 

 

元気に福津市に向かいます。

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501234449j:image

 

 

 

約1時間、高速を進み、、、

 

 

f:id:pietoro1211:20180501234526j:image

 

 

 

 

福津市の一番端っこのローソンに到達!(ちなみに端折ってますが本日ローソン3回目。)

f:id:pietoro1211:20180501234614j:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501234650j:image

福津市到着!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…で、よ。

 

何をするかだよ。

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501234947j:image

 

 

 

観光名所は終わったから、

 

 

 

フォトジェニック っても、なんでわざわざ福津市でって感じだし、、、

 

 

こいのぼりっても、それぞれの自宅のやつ以外目立ったものも無いし、、、

 

 

ご当地グルメっても、なんか今お腹いっぱいだし、、、

 

 

 

っても、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

人?

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501235333p:image

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501235344p:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501235339j:image

 

 

 

ヒトォ!!

 

 

 

 

こいつぅ!

 

福津市へようこそって各地で言うわりに、特に誰?って感じのこいつぅ!

 

 

 

 

 

こいつに決定!

 

 

今回のミッションは“”!

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501235344p:image

 

福間の又ぜーさん(またぜーさん)

 

福津市のホームページにも少し載ってます。

 

[ふくつな職員 ] 福津の歴史の小さなつぶやき その2 | ふくつ日々だより | ふくつのじかん

 

なんかトンチが上手だとか。

 

福間駅前に又ぜー商店会というチームがあるようですが、又ぜー商店街では無いのでお間違い無く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502000220j:image

 

 

…と、言うわけで福津市きっちりと終わらせて(ヤッツケジャナイヨ!決シテ!)、

 

 

 

 

 

 

 

さあ、第3の目的地を選びましょう!!!

 

 

 

 

ドルルルルルルルルルルルルル

f:id:pietoro1211:20180502000327j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

ダン!

 

f:id:pietoro1211:20180502000435j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502000446j:image

 

 

 

やらかしタァーPart2.

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502000553j:image

 

 

またまた南下して、今度の目的地はうきは市

 

福岡を、下、上、下!!

 

 

また鳥栖ジャンクションンンンン!!!(本日3回目ぇへべぇ)

 

 

 

 

 

 

 

どうせなら、広川町→うきは市福津市、、の順で引けばまだ良かったのに。。。

 

 

 

と言っても始まらない。

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502000816j:image

 

 

 

 

とにかくうきは市目指して出発。

 

 

 

 

 

今回は最長約70kmの道程。

 

f:id:pietoro1211:20180502001112j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺になってくると時間が気になってくる。

 

 

東京に帰る21時の飛行機に間に合う(設定)ためには、20時にはこの旅を終わらせなきゃいけない。

 

ここは譲れない。

 

 

現在は5つ中3つ目の目的地に向かう途中。

 

 

11時にスタートして、今が15時半。

 

 

ちょうど半分くらいでミッション半分くらい。

 

 

 

まあまあ。まあまあまあまあ良いペース。

 

 

 

このあと大変な事にならなければ、なんとかクリア出来るだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、疲れて(本日ずっと高速道路。しかもずっと同じルート)会話が少なくなってきたので、とりあえずイントロクイズでもしながら行く事に。

 

 

 

 

 

 

 

そんなの気休めにもなるかよ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうイントロクイズ楽しすぎてフロー状態。

気がついたら、うきは市役所でした。

 

f:id:pietoro1211:20180502001837j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではお待ちかね。この町ではどのミッションに挑戦するか。ですが、ちょっと待てこの辺絶対こいのぼりあるやろ。

 

 

 

 

 

 

あるやろ。

 

 

 

 

 

あるやろ。

 

 

 

 

 

 

…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502001941j:image

 

あった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502002128j:image

 

あったーーー。

 

 

 

田舎はこいのぼり文化大切にする説」を説いていた固定観念の固まりの我々に間違いはなかったのだ。(失礼)

うきはの自然、だいすきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502002428j:image

眼前に広がる緑の田園の海に泳ぐこいのぼりは圧巻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、フォトジェニック にも保険をかけて、、と。

 

f:id:pietoro1211:20180502002532j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

こいのぼり”クリアーです!

 

f:id:pietoro1211:20180502002618j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502002719j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、4つ目の目的地、セミファイナル!

 

 

選んでいきましょう!

 

 

この辺で、すこしでもゴールの福岡市に近づいておきたいところ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルルルルルルルルルルルルル

f:id:pietoro1211:20180502002820j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダン!

 

f:id:pietoro1211:20180502002856j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ来た。

f:id:pietoro1211:20180502002936j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502003001j:image

大刀洗町

(たちあらい)

 

 

 

 

 

 

 

なんと場所は、、

 

f:id:pietoro1211:20180502003051j:image

 

今いる「道の駅うきは」からそんなに離れてない町!

 

しかも、帰る方向

 

 

 

 

 

 

 

今までの3つに比べたらこんな距離、ひょいっでございます。

 

f:id:pietoro1211:20180502003215j:image

 

 

約18kmの道程!

 

f:id:pietoro1211:20180502003338j:image

 

 

 

 

 

 

すっかり機嫌もよくなった一向は一路大刀洗町へと進んでいくのであった。

 

 

 

残すは“ご当地グルメ”か“フォトジェニック ”。

 

f:id:pietoro1211:20180502003520j:image

 

 

物語はクライマックスへと向かっていきます。

 

さて、次回、福岡メンバーは20時までにミッションを全て達成できるのでしょうか。

 

乞うご期待。

 

つづく。(きっと)

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180502003748j:image

 

 

 

 

 

 

ちょっと福岡行ってきましたをやってみました【前編】

最近、九州外の芸能人が福岡に来て旅をする「ちょっと福岡行ってきました。」という番組がテレビでやっている。

芸能人が福岡に来てその日の帰る飛行機までの時間で、ランダムな場所に行き、ミッションを遂行するという内容で、まあまあバタバタでまあまあ面白い番組だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみた。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと福岡行ってきました〜全員福岡人編〜

 

 

福岡の市町村60カ所の中からランダムで行き先を決めます。

 

 

出発は福岡市からです。

 

だいたい福岡市は県の真ん中に近い。

 

f:id:pietoro1211:20180430235839p:image

 

今日行く場所は、なんとなく5ヶ所に決定。

 

5カ所の地域でそれぞれ1つずつミッションに挑戦し、飛行機の時間(仮に20:00と設定)までに帰ってくるというルールにした。

 

11:00スタートでタイムリミットは9時間

 

 

 

 

なので今回用意したミッションは5つ。

 

f:id:pietoro1211:20180430235417j:image

 

ご当地グルメ

 

・フォトジェニック

 

・観光名所

 

・こいのぼり

 

・人(各地域の著名人やそれにまつわる建物など)

 

どの場所でどのミッションに挑戦するかは自由に選ぶことができる。ただし、その市町村に着いてからでないとスマホなどで調べることはできない。(本来の番組は町の人への聞き込み調査のみですが、我々一般人はふつうに調べます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは60カ所の市町村が書かれた紙を用意し、、

 

f:id:pietoro1211:20180501000950j:image

 

 

では、記念すべき一つ目の市町村を選びます。

 

 

 

ドルルルルルルルル…

f:id:pietoro1211:20180501000438j:image

 

 

ダン!

f:id:pietoro1211:20180501001102p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501001147p:image

 

 

出ました!!!広川町!!!!

 

一つ目の市町村は広川町だ!!!

 

 

 

 

…どこ?!!←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広川町にゆかりのある皆様には大変申し訳ないが、全く場所を知らなかった生まれも育ちも福岡市の私。

 

 

ちなみに広川町はここです。

 

f:id:pietoro1211:20180501002042j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180501002346p:image

 

約50kmの道程です。

 

 

 

 

 

 

 

まぁまあ、まあまあまあまあ、最初はこんな感じでしょう。

 

 

 

 

では、広川町に向けて出発!!

 

事前に広川町のことはよく知らないので、ミッションは行ってから目星をつけることにしました。

 

 

 

 

とりあえず「広川町役場」をナビに入れて…、

(ちなみに10数年前で学習をやめてる愛車ナビ。地図上にまだ西鉄津屋崎駅が存在。)

 

f:id:pietoro1211:20180501002555j:image

 

ダッシュボードに目的地を貼って…、

f:id:pietoro1211:20180501002854j:image

 

 

 

 

出発!!!

 

 

 

高速道路をしばらく進みます。

 

f:id:pietoro1211:20180501002937j:image

 

 

 

高速道路のあいだ、今回の参加者の1人“ゆずりは”メンバーの幼少期は広川町で過ごしたことを聞き、俄然広川町攻略に自信をつける福岡メンバー。(下関有する隣県メンバーは今ワイドショーでゴタゴタ中。)

 

 

 

 

 

 

 

40分くらい運転して、、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501004948j:image

 

第1の目的地、広川町の最寄りの出口、広川インターチェンジに到着!!!

 

初、広川町インターチェンジ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、さらにインターチェンジから5分ほどで、広川町役場に到着!

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501005557j:image

 

 

最初の目的地に着いたところで、どのミッションにするか考えます

 

 

f:id:pietoro1211:20180501005802j:image

 

 

 

 

どれにしようか。

 

f:id:pietoro1211:20180501005817j:image

 

 

とりあえず検討もつかないので、観光協会のパンフレットを見ることに。

 

古墳公園、産業会館などいろいろあったが、今回は見た目と名前のキャッチー感で、大きな水車を有するゴットン館というところに行くことに。

 

f:id:pietoro1211:20180501005937j:image

 

 

なので記念すべき初のミッションは“観光名所”に決定!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことでもない限り通らなかったであろう広川町の細い道を通って、ゴットン館のある山の方へ向かいます

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501010357j:image

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501010455j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、、。

 

 

f:id:pietoro1211:20180501010519j:image

(偶然にも別ミッションのこいのぼりを見つけてしまったので、万が一の保険のために一応撮っておく姑息な冨永メンバー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに山道を進み、、

f:id:pietoro1211:20180501010740j:image

 

 

地図で曲がると、、

f:id:pietoro1211:20180501010846j:image

 

 

 

 

 

 

 

あっ!

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501010953j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501211616j:image

 

あった。

 

 

f:id:pietoro1211:20180501211708j:image

 

 

ゴットン館の水車!

 

 

今は水力でなく、観光のために電力で動いてはいますが、直径7メートルは迫力ありました。

 

 

f:id:pietoro1211:20180501212441j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180501213900j:image

 

 

 

と、言うわけで、

 

 

f:id:pietoro1211:20180501212507j:image

 

観光名所クリア!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、保険のため「フォトジェニック 」になりそうなものも撮っておくメンバー。

 

f:id:pietoro1211:20180501212640j:image

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501212656j:image

 

 

 

 

 

隣には、とてもきれいな水を使ったそば屋がありました。時間がなくて今回は行けませんでしたが、待っている人もいて、素敵そうでした!

 

いつかまた行ってみたい!

 

f:id:pietoro1211:20180501213708j:image

 

f:id:pietoro1211:20180501213718j:image

 

 

f:id:pietoro1211:20180501213812j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

二つ目の目的地を決めましょう。

 

理想は福岡の南の方をこのまま少し回りたい、、、

 

 

さあ!

 

 

 

 

 

ドルルルルルルルルル

 

f:id:pietoro1211:20180501214659j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダン!

f:id:pietoro1211:20180501214921j:image

 

 

 

 

 

 

やった。

 

 

 

 

やらかした。

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180501215931j:image

 

 

 

 

 

何がやらかしたかって?

 

 

福津市

 

 

私が住んでる市だし、何があるか分かるし、観光なんて行きつくしてるし、遠いし、今来た道を逆走するだけだし、、、

 

逆に面白い、すら通り越してテンションが上がらない。

 

 

f:id:pietoro1211:20180501215916j:image

 

 

 

しかし、これも仕方ない。

 

ヤラセはできない。これもルールに則った上の結果である。

 

メンバーは、少し下がったテンションのまま、第2の目的地、福津市に向かうのであった。

 

 

つづく。(多分)

 

 

 

 

 

君の名は。

それはこの世にあるすべてのものに平等にあたえられしもの。

 

それは毎日毎日必ず使うもの。

 

それはないと大変困るもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうみなさんお分かりだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“名前”。

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっぽどのことでもない限り、名前のない人はいないと思われるし、名前がなくても「人間」という名詞は付けられている。

 

他の生物や、無機物もそう。世界的新発見されるもの以外は全て名前が付けられているだろう。

 

 

 

ほとんどの名前には意味や由来があり、生まれてくる我が子に名前をつける親たちは、時間をかけて、愛を込めて名前を付ける。

 

物であっても、由来もしくはフィーリングなど諸々を考慮するだろうが、一番は見た目や雰囲気をみてしっくり来るものを付けているはず

 

それほどに名前というものはそれぞれの生物や無機物にとってもそれ自体を表すとても大切なものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

…ただ、それを踏まえても、どうしてもわたしには

 

「え?お前の名前それ?」

 

と思えてならないものがいくつかある。

 

少し紹介したい

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

まずはコレ。

 

f:id:pietoro1211:20180420115858p:image

 

 

皆さんも一度は見たことあるであろう。

 

よく畑でも見られるアレである。

 

これをすることで土の温度や湿度を保ち、雑草も防ぐことが出来るヤツである。

 

農業には欠かせないこの物の名前、農業に関わる方が何と呼んでいるかみなさんはご存知だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マルチ」 

 

である。

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180420120435p:image

「マルチ」

 

 

 

 

 

いや、言いたいことは分かる。

マルチングという畑を覆う作業があるらしいが、それが由来でこの黒ビニールにこの名前が付けられているのだろう。

 

 

 

 

 

しかし、どうだろう皆さん。

 

 

 

 

 

 

こいつの見た目のどこにの要素を感じるだろうか。

 

 

 

それより「」とか「」とか、行っても「フェ」の要素の方が、黒ビニールの感じを表せられてないだろうか。

 

 

 

 

 

 

今、どうでもいいじゃん名前なんてそれぞれで。

 

と思った方もいるかもしれないがとんでもない。

 

 

実際、自分が買い物を頼まれたとする。

 

 

そこで知らないもの、例えば『「ヘッドマウントディスプレイ」買ってきて。』と言われたら、なんとなくその物を知らなくても、「多分何か頭と関係あるディスプレイ、、画面なんだな。多分電気屋さんにあるのかもな。」と

 

 

 

しかし『「マルチ」買ってきて。』と言われたらどうだろう。

「え?ま、、るち?え?なに?食べ物?いや、紙?マルチ紙?え?犬?犬の略?どこ?とりあえずイオン行こう。」となり、イオンを無駄にウロウロし、カルディで特に買うつもりも無かったものを買ってしまうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お分かりだろうか。

 

物に名前を付ける際に、由来やその使用方法などから作ること自体は良いのだが、著しく見た目から程遠い名前を付けると、こういう悲劇が各所で生まれる事になりかねないのだ。

 

 

 

パッと見た時の見た目と一致するわかりやすい名前を付けることが、名前を付けるときに最も大事なことなのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

 

f:id:pietoro1211:20180424205632p:image

 

トレンカ

タイツ、レギンス、スパッツ、、、なんとなくしっくりくる。
足っぽい。

しかしトレンカ。

全然“足”っぽくない。

100歩譲って「トレン」までは良いが、足を包む柔い生地の商品なのに何故「カ!」で終わる選択肢を50分の1で取ったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180426013747p:image

ボンゴ」 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180426013741p:image

コンガ

 

 

f:id:pietoro1211:20180426014108p:image

↑どっちかというとお前の方がボンゴっぽいやろ!でかいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんもあるだろうか。

 

君の名前は本当にそれで正しいのだろうか。

 

一度足を止めて考えてみるのも良いのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

関係資料

「名は体をあらわす」ラーメンズ

https://youtu.be/vAEitV5SPn0

 

 

海の孤島沖ノ島と陸の孤島ユリックス(mixi)

昔のmixiの日記シリーズ

 

 

今では世界遺産となった沖ノ島

そして9年前僕と天候のお話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


海の孤島沖の島と陸の孤島ユリックス
2009年01月24日19:10

 

沖の島…


それは神々の島。


玄界灘からおよそ60kmの場所に位置し、神の遣いしか入ることを許されない。


“一木一草たりとも持ち出してはならない”


“この島で見聞きしたものは決して話してはならない”


この2つの大きな掟があるので、この島は原始林や自然動物が残されている神の島なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

ー僕はいまユリックスのプラネタリウムに来ている。

そこで17:00からのスペシャル番組“星のシルクロード神々の島沖の島”をみている。


なんとキレイな星々だろうか…。


ほんの1時間の前までまさかキレイな星を見ることになるとは僕は思いもしなかったなあ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー1時間前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トオル無理、無理無理!!寒すぎる!!無理無理無理!!!!体に積雪しとる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日プレーパークの後にめいとむ宗像(ユリックスの隣)で宗像プレーパークの会で鍋パーティーをするとのことでした!

 

ちょっと時間が余ってたんで、先にユリックスに行ってこないだ見たハリーポッターの続きを図書館で借りようと思い、少し雪の降る中、バイクでユリックスに行きました!

 

それが終わりの始まりでした。

 

 

 


降る降る大雪。


顔にパチパチあたる雪という名の凶器。


引く程の気温。


誰かメガネのワイパーのスイッチ押して。

 

 

 

 

何度も何度も『引き返そう。』と思ったが、引き返しても進んでも、雪の強さは変わらないので、泣きそうになりながら、結局進んだ。痛い寒い怖い嫌だ。

 

 

 

 

 


なんとかしてユリックスに着く頃にはすでに少し積もっていた。


バチコン!とバイクを置き、ユリックスにダッシュ

 

暖かい。なんと暖かいのだ。


さあ鍋パーティーまでまだ30分ある!図書館にいこう!


ハリーポッター発見!


さあ鍋パーティーまであと20分ある!


少し読もう!

 

 

 

 

おっと電話だ!


もしもし!

 


『今日は雪がひどいので鍋パーティーは中止です。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーそして今、僕は星を見ている。

さすがに全財産の5分の3(310円)を叩いたのは痛かったが、そうすることで心を落ち着けるしかなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても星がキレイだ。

 

一緒に沖の島の神々の歴史がナレーションで語られる…

 

 

 


昔、高天原からきたイザナギ(男)とイザナミ(女)が海をかき混ぜて、大陸をお作りになった。

それがいまの日本である。

イザナギイザナミはそこで国づくりを始めたが、ある日、イザナミが火の神を作った際に大火傷を負い死んでしまう。


黄泉の国までイザナミを探しにいったイザナギだったが、掟を破ってしまい、イザナミとは二度と会えなくなってしまう。


絶望のイザナギが地上に帰り、体を水につけ禊ぎをすると3つの神が生まれた…


するとクサナギはその神をそれぞれ、高天原、夜、海の神とし、治めさせた。


そしてクサナギは、神々6人で運動や神歌を集合し、舞踊を主に活動をしていった。


途中、森の神が“江不湾”の神に転生し、5人になるという事はあったがいまでは、国に知れ渡る有名な5人となった。

 

クサナギは別名をチョナン…

 

 

 

 


係員『お客様、番組は終了致しましたよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そこで僕は目が覚めた。

いったい外界ではどれだけの時間が過ぎたのだろうか。(上映時間45分)

 

 

ふらつく足でなんとかプラネタリウムを後にした。

 

 

そろそろ外は雪がやんでいるのではないか。


外に出てみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


吹雪の巻き起こる一面の銀世界を見ながら僕は『今日死んだらちょっと悔いが残るな。』と思いながら、白いバイクのエンジンをかけた。

 

続く。(生きてたら)

 

f:id:pietoro1211:20180425002101p:image

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この日失わなかった命を大切に、悔いなくこれからも生きていきたいです。

 

(ちなみにこの日の夜大学で雪合戦してます。)

 

無駄なものなんてないんだよの考察

テレビゲームが好きだ。

ファミコン時代からずーっと今だに大人になってもゲームをしてる。

 

 

 

ただ最近思うことがある。

 

それは

 

ゲームする大人とゲームしない大人の間の溝、深すぎん?

 

ということだ。

 

 

 

 

ゲームは、娯楽コンテンツの1つだ。

テレビ市場や映画市場と肩を並べるくらい、ゲーム市場も盛り上がっている。

コンテンツとして、その2つと大きな差はないように思われる。

 

 

 

なのに実際は『昨日グレイテスト・ショーマン観たんだ!』って言ったら『へー、そうなんだ。どうだった?」とラリーが返ってくるのに、

そこで『昨日ファイナルファンタジーをしたんだ!』と言ったら『…ヘ〜。(他にすることないんかいな。)』と言われる。(思われる)

 

見ず知らずの他人がやってるプロ野球の話や、昨日見ただけのテレビの話や、脳の中だけで起こっただけにすぎない夢の話が許されて、なんで実際にやったファイナルファンタジーの話をしたら「なにコイツ」的な空気があるのだろうか。

 

よく考えると子どもが「あんたゲームばかりしてから!」とよく怒られるのに対し、「あんたサッカーばかりしてから!」て怒られる事はほとんど無い。

 

なぜかゲームをするという行為には、あまり良い印象が持たれないという現実がある。

 

 

そんな世の中だから、僕自身もゲームしてる行為に後ろめたさを感じ『ゲームなんてただの暇つぶしだ。現実逃避だ』と言われても仕方ないものだと思ってしまっている。実際、ゲーム大好きなくせに、大声で「大好きです。」とは言えない。

 

 

そうやって現代のゲームが好きな大人達は全員「僕たちは反社会的行為をしている。ゲームをする僕たちが悪い。」と常に自分に言い聞かせ、影に隠れながら、隠れたゲーム好き仲間を見つけ、コソコソと生きているのだ。全員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、ちょっと待てよ。と。

 

そこまでゲームすることは後ろめたく思わなきゃいけないことなのだろうか

 

これは大きな偏見なのではないだろうか。

 

世界ではeスポーツといって、ゲームも1つのスポーツとして昔から有名で人気である。

優勝者には多額の賞金さえもある名誉ある大会もある。

 

中でも日本のゲームは世界でもトップクラスに進んでいる。

ゲームは日本の誇る文化の1つといっても過言ではないだろう。

 

だから、もっとゲームは堂々として良いのではないだろうか

 

昨今のゲームにもっと人権(ゲム権?)を与えても良いのではないだろうか。

 

僕は今日それを普段ゲームをしない人(以下マグルと記す)に訴えたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

では、どうしたらマグルの人たちにもゲームの良さが伝わるだろうか

 

まず、マグルの人たちの中でゲームがどのような存在か考えてみる。

 

そういえば昔、似たような話をした時に、『人生でテレビゲームをしてた時間は本当に無駄。どんなに時間かけてクリアしたとしても、現実の世界には何にも残ってないんだよ。』と言われたことがある。

 

マグルの人たちにとって、ゲームは基本時間の浪費、無駄なもの、暇つぶしなのである。

 

 

言われた当時は『確かに。』と思い、ショックを受け、しばらくは過去の自分のゲームしてた総プレイ時間を計算し、その時間勉強したら今では宇宙飛行士にでもなれたのではないかと思い悔やむことも多かった。しかし、ぼくは閉所恐怖症なので宇宙飛行士には死んでもなれないのである。てか、なりたくない。怖い。ぼくが宇宙に行くならせめてサッカーコートくらいの広さと高さのある部屋を内蔵した宇宙ステーションを作って欲しい。

 

 

 

 

話は逸れたが、言われた当時は「無駄な時間」という言葉のインパクトも強く、ゲームしてる後ろめたさからその言葉を鵜呑みにしてしまっていたが、果たして本当にそうなのだろうか?

 

ここで考えたいのは、もしかしたらゲームにも何か人生に意味のある要素があるのではないだろうか。ということだ。

 

また、もう一つ、ゲームは子どもがやるもの、大人になってゲームするなんてガキっぽい。という雰囲気も見逃せない。

 

これも同時に考えたいと思う。

 

始めてみよう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◆ゲームは無駄なものなのか

 

①身体的な側面から

 

ゲームは手を使ってやるものがほとんどである。

特に指をすごく使う。ゲームによっては、とても繊細且つ速い指の動きが要求される。

 

最近では、老人のボケ防止にトランプやマージャンなどが勧められているが、それは指の動きや頭を使う事がとても脳に良いからである。

 

それならば、トランプの代わりにおばあちゃんにプレステ4のコントローラーを持たせ『モンスターハンターワールド』をさせてはどうだろう

 

モンスターハンターとは、文字通り大きなモンスターを森や山の中で狩りをするゲームなのだが、その中では、モンスターを効率よく追い詰めるためにはどの武器が良いか、どの属性がよいか、どの装備の組み合わせにしたらスキルが発動するか、どう動いたら仲間の邪魔にならないか、などを複雑なコマンドを入力しながら考える必要がある。

よっぽど脳トレになるのではないだろうか。

健康モンハン時代の始まりである。

 

 

 

 

 

 

 

②交流的な側面から

 

ゲームばっかしてるやつ=友達いないやつ と言う認識も多い。

 

たしかに、過去はそういうことも多かったかもしれない。しかし現在はどうだろう。

 

最近のゲームは基本1人用でもオンラインに繋いであるものが多い。ゲームに許可をして、コントローラーに付属のマイクを挿せば、遠くの友達と会話しながら同じゲームができる。

 

これのなにが良いかというと、例えば会社からフラフラで帰ってきて、家で1人で過ごすしかない独身の人たちも「ただいまー、今日さ会社でこんなことあってさー。」「そーなんお疲れー、俺も俺も。」なんて言いながら、家にいながらにして友人と楽しい時間を過ごすことができるのだ。これは本当に良い。わざわざ悩み相談の電話なんて恥ずかしくてできないが、次の日忙しい人もゲームという口実でちょっとの時間だけでも友人と楽しい時を過ごすことができるのだ。

 

 

なので政府は、独居老人のお家一軒に一台ずつプレステ4とオンライン環境をプレゼントすべきである。

各独居老人と独居老人が繋がり、サーバー上にオンライン老人会が出来上がり、そこでみんなでモンスターを狩りに行く。

モンハン老人ホームの始まりである。

 

 

 

ゲームを使った人と人とのコミュニケーションの方法は増えてきてるし、むしろ1人でするゲームの方が少ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③目が悪くなる的側面から

 

目は悪くなる。

良い子もお年寄りも画面から離れてしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ゲームは子どものするもの的側面

 

そもそもマグルの言うゲームはおそらく『スーパーファミコン』、行っても『初代プレステ』くらいの認識で止まっているのであると思われる。

 

いまのゲームを見た事あるのだろうか。

 

 

 

 

おじさん世代のマグルの「ゲームばっかりしてから、、、」のゲームの印象は

 

f:id:pietoro1211:20180418225559p:image

(参考:ファイナルファンタジー3より)

 

⬆︎これで止まってないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

現在、シリーズ15作目をむかえたファイナルファンタジーは、美麗なグラフィックと圧倒的に広いフィールドと壮大なストーリーで消費者を魅了している。

その綺麗さと深さはさながら映画である

もはやものすごく長い映画を観ているのと同じである。

 

 

 

f:id:pietoro1211:20180418230044p:image

(参考:ファイナルファンタジー15より)

 

 

 

しかし、

映画は『観る』だけの完全に受け身であるのに対して、ゲームは「観る」、且つ、その世界の中に入って登場人物を動かして、謎を解き、協力、努力し、出会いと別れ、感動を能動的に体験できるのである。

 

 

f:id:pietoro1211:20180418225629p:image

(参考:ファイナルファンタジー15より)

 

読書や映画以上のドッップリとした、且つ、自由度のある疑似体験ができるのである。

 

大人もハマって仕方ないというか、もはや大人がハマっちゃうのである。

 

僕も実は何度も世界を救ってるし、ヤクザの世界でもトップクラスの強さも持ちながら託児所経営してたし、サッカーでオーバーヘッドキックも片手で出来る。←

 

 

 

 

 

 

ゲームの中の体験や感動なんてニセモノと言う人がいれば、それは読書や映画で得られた感動も同じくニセモノとなってしまうだろう。

 

確かにクリアした後に、誰に褒められるわけでもないし、お金がもらえるわけでもないし、筋肉増えるわけでもないのだが、良い作品だったら良いものに出会えたという思い出は残る。

 

これは、全ての物事に共通するのではないだろうか。

 

 

 

 

人生なんて過ぎてしまえばみんな思い出だと思えば、結局ゲームをやろうが、映画を見ようが、マラソンをしようが、サッカーしようが、旅にでようが、思い出さえできたらそれは人生において意味のあることなのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

マグルのみなさん。

 

みなさんの中で、ゲームのゲム権は少しは上がっただろうか?

 

今度からもし『最近ドラゴンクエストが楽しくてさー。』ってゲーム好きが言ったら、『へー、どういうお話?(皮肉でなく)」くらいの忖度はお願いしたい。

 

 

 

そして少しずつ両者歩み寄り、より良い世界を作っていこうではないか。

 

 

 

人生においてゲームばかりすることを推奨するわけでなく、あくまでバランスよくするとして、決してゲームしてる時間は人生において完全に無駄な時間なのではないのである!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、結局

 

興味があるか無いかの話なんですけど。

 

 

 

 

 

 

※書き終わるまでに時間かかりすぎて、途中でとっくにゲーム熱は冷め、今では、このブログ書く時間あれば何かもっと別に素敵なことができたのではないだろうかと思えてならない。無駄な時間過ごした。モンハンしよっと。

自分の頭をのぞいてみよう(mixi)

普段、なんか真面目な事がらを自然と避けて生きてる僕です。

 

でも、そろそろなんかこう、真面目ではなくても、頭の中で考えている事を整理する時間が欲しいと思うのです。31歳なのです。

 

自分の頭をのぞいてみたい。

 

書く。文章にする。

 

でもfacebookは現状報告だし、Instagramは写真見せたいだけだし、Twitterは140字だし、、

 

そこで、ブログにドドンと書こうと思いましたが、いかんせんブランク長すぎて面白い文章が思いつかない。(授業中に落書きしてるときの集中力のすごさたるやについての考察を途中まで書いてやめた)

 

 

 

 

 

なので、ちゃんとした文章が書けるまでは、

しばらくは昔の自分のmixiの日記を見返して、過去の自分の頭をのぞいてみようと思います。

 

 

 

では、どうぞ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

mixiの日記

 

2008年2月25日00:19

 

 

『企画カ』

 

※この文章の中に一つ、間違いの文字があります。探してね★

 

 

「DOORS」というSASUKEみたいなアトラクション攻略番組知ってますか?

 

 

 

 

今、くりぃむなんとか「INDOORS」といって、一軒家をまるまる使って、インドアな競技をクリアしていく企画をしてます。


内容的には、「スリッパでタンスと卓球ラリー」とか「玄関から二階までふすまをぶつけず運ぶ」とか、「ドア開けた風圧でろうそくの火何本消せるか」、「どっちが座椅子をギリギリ下げれるか」などやってます。


毎回トップバッターにされて失敗する山根(アンガ)がとても輝いていました。

 

 

 

 


くりぃむなんとかの企画カにはいつも頭が下がります。

 

いままで企画的なものは何度かしてきましたが、もっともっと頑張ろうと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで。

 

昨日は豆まきしました。


人のうちに豆をまいてまわりました。


不在の家には、豆を玄関にそっと置いておきました。


置いた人には「おにはそとふくはうち」とだけ打ってメールしました。


サンタクロースのような怪盗のような不思議な気持ちになりました。


夜中の一時は寒かったけど、みんな喜んでくれて良かったです。


世界中の人に福が来ますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クイズの答え

「企画カ」のカが、力じゃなく、カタカナのカだ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

10年前の自分の斬新さに、頭を抱えます。

精進します。