土間は続くよ、 どこまでも。

王丸屋のトゥールとかとおるんとかとみちんとかそんな人生。

光の道の日でなくても光の道を見る方法

 

 

コミュニティスペース | 福津 | みんなの縁側 王丸屋

 

 

 

民泊のもっとオシャレな言い方はないだろうか。
どうも【みんなの縁側 王丸屋】とおるです。

 

 

 

 

 

 

この時期、福津の夕陽は毎日全力出してきます

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181106155421j:image

 

 

 

まさに光の道

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、宮地嶽神社の海まで続く一直線の道の上に見える日が年に二回ありますよってだけで、海に落ちる夕陽は毎日絶景です。

 

 

 

 

 

 

 

この時期は、津屋崎浜でも渡半島(写真右の山)にあまり邪魔されず、落陽まで見れます。

 

 

 

 

 

f:id:pietoro1211:20181106155631j:image

 

 


f:id:pietoro1211:20181106155628j:image

 

 

灯台と釣り人のシルエットがまたいい。


f:id:pietoro1211:20181106155621j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、もちろん夕陽はキレイで好きなんですが、

 

 

 

この時間帯の津屋崎浜の階段からみる水面がお気に入り。

 

 

f:id:pietoro1211:20181106160057j:image

 

 

なんか海の水がトロトロの溶液のように見える気がするんですよね。

 

このトロトロ現象はなんででしょうね。誰か教えてください。

 

f:id:pietoro1211:20181106160551j:image

 


f:id:pietoro1211:20181106160548j:image

 

 

それでも透明度は高いというね。

 

 

f:id:pietoro1211:20181106161635j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

多分今日も綺麗と思うから、時間あったら見に行ってみて下さいな。

 

 

f:id:pietoro1211:20181106162526j:image