土間は続くよ、 どこまでも。

トミーとかトゥールとかとおるんとかとみちんとかそんな人生。

朝散歩(あさんぽ)

近くの陶芸家の藤吉さんは言う。

「俺が朝、散歩するときはなにも持たない。そういう無の時間で自分と向き合うのがいいわけよ。」









近くのカメラマンさとしさんは言う。

「海岸を歩いてると、たまにサーファーが海で落としたGoPro(カメラ)が流れついてることあるよ透君。」



















僕は自分と向き合うために、朝散歩をすることにした。































なるほど本当に気持ちがいいものだ。




耳に入るのは波の音。

鳥の声。

とても心地よい。












欲を無くし、考える。



自分とは何なのか。


社会とは何なのか。


人間とは何なのか。


どこから来たのか。

どこへ行くのか。

いのちは?









静かに自分と向き合うと思う。




この身体は1つだけれど、心は1つではないのかもしれない。








自分の中に何人もの違った自分がいて、その自分たちが会話することが心なのではないか…。










ほら、耳をすませてごらん…。



無の時間の中で耳をすませば、心の声が聴こえてくることでしょう…。



































「GoProあった?」
「GoProなくね?」
「もうちょい先まで行ってみようや」
「あった?」
「ないね。」
「いや、あるやろ。」
「埋まってない?」
「あれ違う?」
「違うな。」
「GoProないね。」
「GoProないな。」





































GoProなかった。